2011年05月24日

車に【人】

2011_05_21.jpg
もなっちは常にもなっちのまま


被災地のお話なので、まずはもなっちの写真で和んでから読んで下さいまし。


GW後、このところずーーっと仕事が多忙を極めていた連れが
長年の友人のお手伝いに石巻に2日間行った時の話。

友人は仙台市在住で自宅はガタ付いたものの、ご家族全員ご無事。
(ライフラインは当然全滅状態だけど避難所には行かなくて済んだ)

ただ、友人は石巻出身でご実家には80才ちょっとのお母様が在住しておられて
お母様宅は比較的高台寄りにあったこと、地震直後にご近所さんが来てくれて
すくに高台まで避難して命拾いしたとの事。

ご実家は全壊こそ免れたものの、やっぱり2Fまで浸水してしまって
余震の様子を睨みつつ、暖かくなってきたので本格的に片付けを始めたんですって。

で、連れも友人のお手伝いって事で私から厳命されたことを守るからと誓わせて
(大きな余震が来たらすぐ逃げること・薬と薬手帳を肌身離さずいること)
震災後初めて宮城県入りした次第。


友人の車で石巻に向かう途中に放置車両を積んだ配送車とすれ違った際に
何台かの車に【人】の紙が貼ってあったそうで訊ねたところ

それはその車の中に人が居たって印なんだよ』と教えられたそうだ・・・


実際に目にした石巻の瓦礫の山を見て呆然として
もう2か月も経ったのに片付ける重機類が足りてないのか?また訊ねたら

あの中にまだ行方不明者が居る可能性があるから
ブルトーザーで一気にズズッいと押して行けないんだ
』と。


例えが違っているかも知れないけれど、NY9.11の時のように
窓ガラスの欠片一つにもDNAが付着しているかも知れないので
そっとそっと扱い、少しずつ判別するための作業が必要だとの事。


連れ曰く、
あの作業の様子では今年中に大きな空き地は出来ないかも知れない、と。

道路も本当に段差が出来てしまっていて通れない箇所も多かったし
帰路では、名取市の畑にはタイヤが生っているを見たそうだ。
津波で流された車から外れたタイヤの群れ・・・


友人は今失業してしまったので、なるべく石巻に泊まり(高台のご親類の庭で車中泊)
ご近所さん同士で協力して片付けをしている。
で、その友人から私を含めた女性への伝言があったとの事。


暑くなって来て、色んな悪臭が凄まじくなると思うし、トイレとか勿論水洗じゃないし
体力勝負になったら女性は絶対無理。
一日二日で来るなら、それよりも夏物の服や冷却マットを送って欲しい。
それは自分で調べて確実に手早く人の手に渡る方法を選んで欲しい。


我が家は友人に直接お見舞い金を渡した。
友人は『いつ返せるか判んないけど良いか?悪いな』言われたけど
私が働いて稼いだお金じゃないもの。
私にお礼を言われても困ると苦笑いした。だって他に何も言えないよ。。。
posted by あびび at 18:35| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

ラストに向けて

母は来月から実家に戻ることになりました。

私にはもう誰かの面倒を看る能力が無いから。

連れからは

「自分だけがしんどいみたいな雰囲気をプンプンされられると
見ていて気分が悪くなる。目障りだ。」

言われました。

体重が30キロ台に落ちてしまっても
心配してくれるのはただ一人の猫友さんだけ。
私が居なくて困るのは猫たちだけ。

もっと辛い人たちが居るから、私の辛さは些細なことで
苦しい・助けてと言うとヒンシュクを買う。

どうすれば良いの?
目障りなブログなら全部無くしてしまったほうが良いの?
posted by あびび at 22:48| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

模索中

色々とご心配して戴いてありがとうございます。

連休中にこの先の生活について色々と考えてみまして
母が『もうお姉ちゃんの家には居たくない』と言っていたので
数日の間、実家に帰宅させてみました。

本人的には食生活の事とか周りの負担を考えてないので
ただただ住み慣れた家で、私の管理下から逃れられた事で
とっても楽しかったようです。
出来ればこのまま自分の家で気侭に生活したいのが本音との事。
私も母を心配せずに、お互いにノビノビと暮らせるならそれが一番ラクなんです。


だけど、実際に母が病気になったのはデタラメな食生活と生活習慣が原因で
厳しい言い方をすると、だらしなくて怠けてばかりで毎日動かずTVばかり観てて
愚か過ぎてしなくて良いはずの病気をしてしまった。
どう考えても自己管理が出来ない性格の人間なのです。

そう思う気持ちがあるから、私の中にも
「母が愚かだから私が心身を壊すほどの負担をかけられている」
情け容赦が無いと言われようとも、そう感じる気持ちは確かに存在するのです。


一週間ほどのショートスティならば預かって貰えるケアセンターはありますが
うちの母は、寝たきりとかじゃないので特別養老介護施設には入れません。

ちゃんと食事のメニューを管理して、運動させるようにして気を配り
尿取りパットの交換だの肛門の具合を見て痔の薬を挿したりしているんです。
それは高齢になれば誰にでも起こることだし
まして自分のたった一人の親だから世話は当然だと思うんです。

でも母と私の関係が行き詰まっている以上、無理は続かないのも現実です。
実家に帰して、母がまた入院しても私はもう関わりあいたくない気持ちもあります。
母がどう生きるのかは結局のところ母が選ぶしかないのかも知れません。


生きていて欲しい。見捨てる形で罪悪感を背負いたくない。

何が双方にとって一番良いのか模索している最中です。
母を見ていると私は長生きなんて絶対にしたくないと思うようになります。
母を実家に帰して、私は全てから解放されたいと思う時が増えました。
ま、猫たちが居るから無責任な事は出来ませんけどね^^
posted by あびび at 01:23| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。