2011年12月31日

終わりじゃない

P1020289.JPG
『パジャマじゃないぞよ。妾の傷保護服じゃが、、、母者のセンス最悪じゃ』
2011年、日本人の誰にとっても忘れられない年の締めくくりに
はるわのマヌケな写真ってのもどうかと・・・^^;

3.11


現地片付けボラに行ってた連れの予想通りに
ガレキの山は今年中に片付かなかった。
現時点で宮城・岩手のガレキを受け入れているのは
青森県・山形県・東京都のみ。
(福島は自県処理前提・茨城・千葉は被災しているので受け入れ無理)

他の県も受け入れたい気持ちはあるが、住民の理解が得られないとか
九州は全県で受け入れる予定無し、との事。
まぁ距離が離れているからねぇ、意識レベルに差があるのは仕方ないやね。

ただ、これが放射能絡みでなければ、もっと多くの自治体が
幅広く受け入れてくれて先の段階に進めたはずなのにと思うと
やっぱり、原子力対策の甘さに憤りを感じてしまう。

今年が終わって新しい年になって、3.11が去年の話
みたいに報道も情報も少なくなって、現地の困難さが薄れてしまう
そんなことには絶対にしてはいけない。


3.11は、たまたま太平洋側東北を中心に関東沿岸部にまで大打撃を与えた。
原発も然り。
だけど、私たちは日本に住んでいる限り、常に自分が被災者になる可能性がある。
九州方面の人たちだって、自分が被災者になったとしたら
もっともっと切実に、自分と置き換えて想像してみて欲しい。
そして、3.11の教訓を生かし、自分たちの身を守れるように居て欲しい。
雪国には冬の季節、時間の余裕が無い事も分かって欲しい。


私は恵まれている。毎日ありがとうと呟いてから眠る。
猫と暮らせる家があって、放射能の心配もせずにいられて
猫たちは大病はしていない。
何年も不義理をしていたのに、変わらず付き合ってくれる猫友さんたちがいる。

どうか、来年は3.11で苦しんだ皆が、前に進める環境でありますように。
もう大地は大きく揺れないで。
理不尽な風評被害は無くなって欲しい。
大切な家族を失う事が起こりませんように。

そして、私の大切な猫友さんたち、愛猫ちゃんたちが
無事に一年を過ごせますように。。。

ありがとう。感謝しています。大好きだよ。また来年もお世話になりますvv
posted by あびび at 01:40| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。